365日のクロワッサン

365日のクロワッサンです パン屋さんのクロワッサン

東京メトロ千代田線代々木公園駅1番出口から徒歩1分もしくは小田急線代々木八幡南口から徒歩1分の所にあるパン屋さんです。数は少ないですが、イートインのスペースもあります。


国産の小麦を使うなど、様々なことにこだわってるパン屋さんです。今回食べたクロワッサンにはカルピスバターが使われています。
カルピスバターは乳酸菌飲料のカルピスをつくる過程で分離させる高品質な乳脂肪分を利用して作られています。 とても貴重なバターでカルピス40本からようやく1箱分の乳脂肪がとれるとのことです。
365日で売られているパンはほかのパン屋さんのものより小さい印象がありますが、これもお店のこだわりのひとつのようです。パンの品質が落ちる前にお客さんに食べてほしい、つまり最高の状態のパンをおいしく味わってもらうという考えがあるようです。
こういったこだわりが人々に受け入れられていて、いつ買いに行ってもお店にはお客さんの列があります。

人気のメニュー

クロッカンショコラやクロワッサンが人気のようです。

・クロワッサン     330円(税抜き)写真上
・クロッカンショコラ  240円(税抜き)写真下
クロワッサンは表面がサクサクしていて、中はもちもちでした。サクサクともちもちを両立させるために、左右非対称な形になっているそうです。小ぶりなので何個でも食べれそうなくらいおいしかったです。
口に入れたと同時に広がるバターの風味がとてもよく、やみつきになりました。カルピスバターについて調べた時に、コクがあるのにくどくないという説明がありましたが、まさにその通りでした。

365日のクロワッサンです

お店の混雑状況

人気のパン屋さんでパンの焼き上がりの時間にはお店の外まで並ぶこともあるようです。お店の入り口にパンを買う列の並び方のイラストが貼ってあります。

クロワッサンなどの人気のパンは売り切れることもあるので、早めに来店したほうがいいです。平日の11時半に行ったときはすでにクロワッサンは売り切れていました。
パンの種類によっては1日のうちに何度か焼きあがるようです。来店時にもしも売り切れていても、また焼きあがるかもしれないので、あきらめずに店員さんに確認したほうがよいです。ちなみにクロワッサンは1日に3回焼きあがるようです。ただし、焼きあがっても人気のためすぐに売り切れるようなので、タイミングも大事です。平日の12時半に来店したときは、買えたのでとてもうれしい気分になりました。

お会計までの流れ

お店に入ると店員さんがどのパンがよいか聞いてくれるので、ほしいパンを伝えて、注文が終わったらレジに進む形式です。

レジではクレジットカードや電子マネーは使えないので、現金を忘れずに。
VISA,Masterのクレジットカード、Suicaなどの電子マネーが使えるようになったようです。

系列店情報

日本橋高島屋S.Cの1階にもお店が入っています。こちらのお店もいついっても並んでいて、平日に何度か行きましたが、12時前にはクロワッサンは売り切れていました。

土曜日にいったときに12時過ぎでしたが、クロワッサンを買うことができました。

関連ランキング:パン | 代々木公園駅代々木八幡駅代々木上原駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました