ブーランジェリー&カフェ マンマーノ (Boulangerie et Cafe Main Mano)のクロワッサン

ブーランジェリーマンマーノの パン屋さんのクロワッサン

小田急線・東京メトロ千代田線の代々木上原駅の北口2番出口から徒歩1分のところにあるパン屋さんです。カフェも併設されています。

シェフはパリの5つ星ホテル「ホテル・ドゥ・クリヨン」の約300年の歴史の中で、日本人として初めてパンシェフに就任されたとのことです。
小麦、バター、野菜、水に至るまでシェフが厳選したものが使われています。

  • 粉は北海道産小麦、高級イタリア産、高級カナダ産
  • 酵母はオリジナル 自家培養乳清種、サワー種、果実種
  • バターはフランス産AOP認定発酵バター
  • 水はエビアン                    

などが使われているそうです。(ブーランジェリーマンマーノホームページより引用)

人気メニュー

・クロワッサン 290円(税抜き)

ブーランジェリーマンマーノの

生地を3日間熟成したのちに焼き上げるクロワッサンです。とても手間がかかっているクロワッサンです。作るのに3日間かかるのに、価格は290円と他のパン屋さん比較しても高くない価格で提供されているのがすごいです。

家に買って帰り、次に日の朝にリベイクして食べました。生地はサクサク感とフワフワ感が絶妙にマッチしていました。フランス産のバターの風味がとても良いです。バターが多く使わているはずなのにとてもフワフワしているので、重さを全く感じませんでした。とてもおいしかったです。

また、クロワッサンのサンドイッチも食べましたが、こちらもとてもおいしかったです。具材である、野菜、チーズ、生ハムとクロワッサン生地の食感とてもよくあっていました。
2回目に行ったときはクロワッサンのサンドイッチは売り切れていました。またぜひ食べたいです。

混雑状況

平日の12時くらいに2回来店しました。1回目に行ったときは私以外にパンを買うお客さんが1人いました。カフェの方はおそらく近くに住んでいる方々でほぼ埋まっていました。カフェの方はあまり広くないですが、ランチの時間に埋まっていたので、地域で人気のパン屋さんであることが見て取れます。
クロワッサンは夕方には売り切れることがあるそうなので、昼くらいには行きたいです。

会計までの流れ

トングとトレーで自分で取ってレジに持っていくものと、店員さんにとってもらうものとがあります。食パンなどは自分でとり、クロワッサンなどは店員さんに取ってもらう感じです。

会計では現金のみなので、現金を忘れずに。

関連ランキング:パン | 代々木上原駅代々木八幡駅代々木公園駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました