ECHIRE クロワッサン

パン屋さんのクロワッサン

JR東京駅とJR有楽町駅のちょうど中間くらいにある丸の内ブリックススクエアの1Fに入っているお店です。一番アクセスがいいのは、東京メトロ千代田線の二重橋前駅です。パン以外にもバターやマドレーヌ、フィナンシェ、ケーキなどが売られています。
エシレバターがとても有名です。贈答用に買っていく方も多いようです。

エシレバターとは?

エシレとはフランス中西部のポワトゥー・シャラント地方の小さな村の名前です。
エシレ村にある工房から半径30km以内の酪農家の牛乳のみを使用して、作られる発酵バターがエシレバターです。
パン屋さんでエシレバターを使っているところもあるようです。パンのプロにも愛されるバターを使ったクロワッサンを買いに行ってきました。

お店の混雑具合

平日の11時過ぎに来店しました。平日にも関わらず、店舗の外まで並んでいました。店内に10人くらい、店外に15人くらいです。お店の入り口に列をさばく従業員の人がいて、店内の列が減ってくると、店内に誘導してくれます。
雨などの足元の悪い日は空いてることもあるようですが、基本的に並んでいるようです。とても人気ですね。列に並んでいると次から次にお客が来ますが、列を見て断念する人も多い感じでした。

11:15分に列に並んで、クロワッサンを買って出てきたのが、11:35分でした。店内の回転はゆっくりめです。時間に余裕のあるときに並ぶのがよさそうです。

売り切れに注意!

すごい人気なので、売り切れに注意が必要です。クロワッサンなどのパン、フィナンシェ、マドレーヌは売り切れるので、並ぶ前に目当てのものが残っているか確認したほうがいいです。
店舗の入り口の扉に、その日に売り切れた商品のボードが出ているので、ボードを確認してから並ぶようにしています。
以前、平日の13時ごろにクロワッサンを買いに来店したときは、すでに売り切れていたので、泣く泣く帰りました。クロワッサンを買いたいなら、午前中に行くべきです。ただし、土日には買いに行ったことがないので、目安の時間はわからないです。
店員さんに夕方までクロワッサンが残っていることがあるか聞いてみたら、天候が悪かったりで空いている日でも15時くらいにはなくなることが多いといわれました。

3種類のクロワッサン

売られているクロワッサンは3種類あります。

  • クロワッサン エシレ 50%ブール(食塩不使用) 税抜き 420円
  • クロワッサン エシレ 50%ブール(有塩)    税抜き 420円
  • クロワッサン エシレ トラディシオン 税抜き 340円

50%というのは原材料の半分がエシレバターという意味のようです。バター好きにはたまらないクロワッサンです。塩分の利いたクロワッサンがお好みなら有塩で、ほのかな甘みを楽しみたいなら塩分不使用がおすすめです。使われているバターは100%エシレバターです。ほかのバターは使われていません。

クロワッサンとしては値段が高いですが、ほかにはないクロワッサンなので、興味のある方はぜひ。

どんなにたくさん買いたくても1人6個までですので、ご注意ください。多くの人がクロワッサンを買えるようにとのお店側の配慮ですね。

会計までの流れ

店内に入って反時計回りでレジまで進む形式です。列が進んでいくと、店員さんが注文をとってくれるので、ほしい商品をに伝えて、レジ待ちの番号札をもらいます。店員さんが商品を袋に入れ終わったタイミングで番号を呼ばれるので、レジに行き、会計を済ませます。文章で書くとややこしい感じですが、前の人についていけば大丈夫です。
トングとプレートで自分でとる形式ではないので、クロワッサンをとるときに、表面の層がはがれてしまうなんでことを気にせずに済みます。(^ ^)

会計では現金以外にクレジットカードが使えます。パン屋さんでは現金しか使えないところも多いので、助かります。丸の内カードというポイントカードのポイントが貯まるので、持っている方は忘れずに。


[contact-form-7 id=”55″ title=”お問い合わせ”]

コメント

タイトルとURLをコピーしました