ヒルサイドパントリー代官山 クロワッサン(Hillside Pantry)

ヒルサイドパントリー クロワッサン パン屋さんのクロワッサン

東急東横線代官山駅から徒歩5分くらいのところにあるパン屋さんです。カフェスペースもあり、パン以外にも野菜や輸入食材が売られています。他ではあまり見かけない商品をみるのも面白いです。

ヒルサイドパントリー外観

パンは一切添加物が使われておらず、職人さんのこだわりがうかがえます。クロワッサンが人気ですが、クロワッサンだけでも3種類売られていて味の違いを楽しむのもいいです。

3種類のクロワッサン

クロワッサンの違いは

  • 普通のクロワッサン(画像の下側)   250円(税抜き)
  • 塩天然酵母のクロワッサン(画像の左上)260円(税抜き)
  • 天然酵母のクロワッサン(画像の右上) 240円(税抜き)

です。見た目も違っていて、塩天然酵母のクロワッサンは一見形がクロワッサンっぽくないですが、しっかりクロワッサンです。

普通のクロワッサンはバターの香りが、食べたとたんに口の中に広がります。クロワッサンの層は少なめですが、一つ一つの層がしっかりしている感じで、噛み応えがあります。

塩天然酵母のクロワッサンは塩気がしっかりついているクロワッサンです。決してしょっぱすぎず絶妙な塩加減です。

天然酵母のクロワッサンは生地の甘みを感じられて、食感はもっちりしています。

どのクロワッサンもとてもおいしいです。他のパン屋さんとの違いを楽しみたいなら、天然酵母のクロワッサンがおすすめです。塩天然酵母のクロワッサンは甘いミルクティーなどに合わせるといいです。天然酵母のクロワッサンは甘みを楽しむために、深入りで苦みのあるコーヒーが合うと思います。

お店の混雑状況

何度か訪れていますが、平日の昼くらいにいったときも、日曜日の15時くらいにいったときも、カフェスペースにお客さんがいて、人気店だということがわかります。カフェスペースで飲めるコーヒーにはイタリアの最高級マシンが使われていているようです。おいしいパンとコーヒーの組み合わせがとても魅力です。
クロワッサンが人気商品ですが、3度来店して売り切れていたことはなかったです。夕方に行ったことはないですが、少なくとも15時までは、売れ切れていなかったです。

お会計までの流れ

好きなパンをトングとトレーで取って会計に持っていく形式です。クロワッサンを取る際、落としたり、トングで形を崩さないように注意が必要です。(笑)
会計では、現金だけではなくクレジットカードも使えますが、クレジットカードは1000円以上からのようです。その点はご注意ください。電子マネー等は使えないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました