なんとかプレッソのクロワッサン

なんとかプレッソのクロワッサン パン屋さんのクロワッサン

東急東横線・東急大井町線の「自由が丘駅」から徒歩3分くらいのところにあるパン屋さんです。同じ建物の3階にカフェもあります。

なんとかプレッソの外観

せっかくなので、カフェにも行ってみました。15時までランチメニューが注文できるようですが、店内に入ったのは15時を過ぎていたので、単品でサンドイッチとコーヒーを頼みました。
サンドイッチの種類がいくつかあり、どれもとてもおいしそうで迷いましたが、

・大葉のジェノベーゼのパニーニ

なんとかプレッソのサンドイッチ

大葉と生ハムとチーズが絶妙にマッチしていました。あつあつなのでやけどに注意です。笑
ただ熱いうちのほうがチーズがとろとろでおいしいので、やけどに気を付けながら食べました。

コーヒーは深煎りで酸味はあまりなく、苦みがしっかりしていて、個人的に好きな味でした。いつもクロワッサンとコーヒーですが、サンドイッチとコーヒーという組み合わせもとてもいいです。

カフェですこし遅めのランチを済ませ、1階のパン屋さんでクロワッサンとパンオショコラを買って帰りました。

・クロワッサン 220円(税込み)写真上
・パンオショコラ 250円(税込み)写真下

なんとかプレッソのパン

こちらのパン屋さんで買えるパンはどれも小さめのサイズで見た目がとてもかわいいです。パン屋さんにいくと、どのパンもおいしそうでいろんなパンを買いたくなります。ただたくさん買っても食べきれないので、3,4種類しか買えないのがいつも残念です。こちらのパン屋さんのパンは1つ1つのパンが小さめなので、いつもより多くのパンを買えたのがうれしかったです。

クロワッサンは見た目からも生地がパリパリなのがわかります。食べてみると端のほうは生地が詰まっていて、ザクザクの食感で個人的にとても好きです。また生地にはほんのり甘みがありました。

パンオショコラも生地がパリパリです。パリパリすぎて、パンをトングで取るときに生地を崩さないようにするのが大変です。中のチョコは甘めで、おやつとして食べてもとても満足すると思います。

会計までの流れ

入口入ってすぐ左手にトングとトレーがあるので、それで、好きなパンをとってレジに持っていく形式です。列はできていなかったですが、人気のお店でお客さんが次から次へと入ってきます。

店内はあまり広くないので、他の人とぶつからないように注意が必要です。

レジでは現金のみ使えるので、現金を忘れずに。

関連ランキング:パン | 自由が丘駅奥沢駅九品仏駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました