パン・デ・フィロゾフのクロワッサン

パン・デ・フィロゾフのクロワッサン パン屋さんのクロワッサン

東京メトロ東西線の「神楽坂駅」の1bから徒歩4分くらいのところにあるパン屋さんです。
「飯田橋駅」のB3出口からも徒歩14分くらいでいけます。飯田橋駅はとても広く出口を間違えると全然違うところにでてしまうので注意です。

お店は坂の途中にあります。外観も内装もとてもおしゃれなお店です。お店の外に2席だけ席があり、そこでパンを食べることもできます。焼きたてのパンをその場で食べられたら贅沢ですね。

パン・デ・フィロゾフの外観

今までに2回来店しました。
1回目は平日の12時半くらいで、2回目は土曜日の13時半くらいです。
どちらのときもお目立てのクロワッサンを買うことができました。
人気のお店で、お客さんがひっきりなしに来店します。売り切れ次第閉店なので、お目当てのパンがある人は早めに来店するのがおすすめです。お店のインスタもあって、売り切れた時はそこにアップされるようです。

見た目がきれいなクロワッサン

・クロワッサン 280円(税込み)

パン・デ・フィロゾフのクロワッサン

見た目がとてもきれいなクロワッサンです。見た目がきれいなクロワッサンを見ると、テンションが上がってしまいます。
1回目に買ったときは家に持って帰り、次の朝食にリベイクして食べました。
AOPのバターが使われてるとのことで、発酵バターの良い香りが口の中に広がります。ほんのり甘みがあり、とてもおいしいクロワッサンでした。見た目の印象通りのすばらしいクロワッサンです。(トースターでリベイクするときは、焼きすぎに注意です。発酵バターが焦げてしまうと風味が損なわれてしまいます。)

2回目に行ったときは、お店の外の席が空いていたので、クロワッサンをその場で食べてみました。いつもは次の日の朝食に食べますが、その場で食べてみると生地のサクサク感とバターの香りをより良く感じることができました。
その日が晴れていて、過ごしやすい気温だったこともあり、パン屋さんの前にいすで幸せな時間を過ごせました。
ただ、パン屋さんでコーヒーなどの飲み物は販売されていないので注意です。

会計までの流れ

ほしいパンを店員さんに伝えてとってもらう形式です。店内はあまり広くないので、他のお客さんとぶつからないように注意です。

レジでは現金以外にクレジットカードやSuicaなどの電子マネーが使えます。

関連ランキング:パン | 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました