ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ (ザ・ペニンシュラ東京 BOUTIQUE & CAFE)のクロワッサン

ペニンシュラ東京 ブティック&カフェのクロワッサン ホテルのクロワッサン

東京メトロ有楽町線「有楽町駅」、東京メトロ千代田線・日比谷線、都営三田線「日比谷駅」のA6,A7出口直結のペニンシュラ東京の地下1階にあるお店です。

またJR山手線の「有楽町駅」の日比谷口からでも徒歩2分くらいでアクセスできます。

イートインもできます。ケーキ、焼き菓子、パンなどが販売されています。

ペニンシュラ東京 ブティック&カフェの外観

ケーキや焼き菓子がおいしそうでしたが、次回にして、いつも通りクロワッサンを買って帰りました。
次の日に朝食にクロワッサンをリベイクして食べました。

普通のクロワッサン以外にもチョコレートクロワッサンやパンオショコラもおいしそうだったので、買って帰りました。ストロベリーのクロワッサンも販売されてるようでしたが、売り切れていました。

珍しい形のパンオショコラ

普通のクロワッサンも形がとてもきれいで、さすが高級ホテルのクロワッサンという印象でしたが、今回気になったのはチョコレートクロワッサンとパンオショコラでした。

・クロワッサン 280円(税抜き)
・チョコレートクロワッサン 350円(税抜き)
・パンオショコラ 380円(税抜き)

・クロワッサン

ペニンシュラ東京 ブティック&カフェのクロワッサン

クロワッサンの端っこはパリパリの食感で、中央部分はサクサクでした。端と中央部分で食感の違いが楽しめます。生地にはほんのり甘みがあります。見た目がとてもきれいで、見た目通りのおいしいクロワッサンでした。

・チョコレートクロワッサン

ペニンシュラ東京 ブティック&カフェのチョコレートクロワッサン

チョコレートクロワッサンの見た目に驚きました。他のお店で売っているチョコレートクロワッサンはパンの中にチョコレートが入っていることが多いですが、こちらの場合はクロワッサンの上からかかっていて、見た目のインパクトがあります。

普通のクロワッサンと同じで端っこの食感は残しつつ、ふんだんにチョコレートが使われています。チョコレートは甘すぎないので、食べている途中で飽きることなく食べられました。朝食に食べましたが、おやつに食べても幸せな時間が過ごせそうです。

・パンオショコラ

ペニンシュラ東京 ブティック&カフェのパンオショコラ

パンオショコラは形が他のお店で売っているものと違いすぎて、値札を見るまで、パンオショコラが販売されていることに気が付きませんでした。笑
周りにココナッツがふってあり、中央はドーナツのように穴があいています。見た目は他と異なりますが、とてもおいしそうだったので買ってみました。
挟んであるチョコレートは甘すぎず、外側のココナッツとパンの生地が絶妙にあっていました。またぜひ買いたいと思います。

会計までの流れ

パンはトングとトレーで好きなパンをとってレジに持っていく形式です。店内にはいくつかショーケースがありますが、お店にはいって一番左のショーケースでお会計できます。

会計では現金以外にクレジットカードが使えます。

関連ランキング:カフェ | 日比谷駅有楽町駅銀座駅

コメント

タイトルとURLをコピーしました